今日は、保険センターが実施している
離乳食教室でした。

同じ年の、同じ月に産まれた
親子が集まる会が、年に数回あります。

教室の内容は、さておきで
保健師さんと相談できたり
育児について
色々とお話できる機会なので

いつも参加しています

今日の内容は
8ヶ月~10ヶ月までの
離乳食について。

学生ぶりに三角巾をして
調理実習してきました

優紬は今のところ
何でも食べてくれるので有難い

今日も、実習で作った
雑炊やあんかけ野菜を
もぐもぐしてくれました。

この保険センターの
集まりに行くと
子育てに関して
「ひと昔前までは、そうでしたが
今はこうです」
と言われることがあります。


医療の進化
人間の構造細部が解明されて来たりと
時代の変化によって
育児の常識も変わるのだなと
つくづく
思います。

逆に、今当たり前の様に
やっていることも
10年、20年経てば
そんな時代もあったね~と言われるのでしょう。

息子が生きていくこれからの将来は
私達が生きてきた30数年とは
全く違った世界です。

例えば時間を合わせるに
117に電話したり
天気を知るに
114をダイヤルすることは
間違い無くないでしょう。

そう考えると


息子が生きている時代をしっかり見つめ
私達の習慣や常識を
押し付けることなく
柔軟に

本当に、フィットする概念を
大切にしないとな…と思います。

親の責任は重大だ。

20180630_134039
20180628_184728