カテゴリ: *Family *

このまま、進まなかったら帝王切開になると
告げられてから四時間。

「これが陣痛かぁ~」

という痛みが強くなっているにも関わらず分娩には進まず...m(__)m

「急にママのお腹の中が良くなっちゃったのかな?」

「やっぱり、まだお腹が良いよ~って
感じかな~」

助産師さんたちは、ほがらかに
話し掛けてくれるけど
返す余裕は無し。

赤ちゃんに訊ねる。

「ベイビー?お腹が良くなったのかな?ママ頑張るから、出ておいでよ~」

.........

こればっかりは、先生にも助産師さんにも
理由が分からないらしい。

お腹をさすって、頑張ろう~と声を掛け続ける。

......

気づけば、また3時間が経っていた。

ついに、先生が「緊急帝王切開にしましょう」と告げてきた。

これまで頑張ったのにな、少し残念。
でも赤ちゃんの安全が第1((。>д<)
それを察してか助産師さんが声を掛けてくれた。
「帝王切開も立派なお産ですよ、最後まで赤ちゃんと頑張ってくださいね」

何かに救われた気持ちになった。
一気に帝王切開の準備が始まる。

手術の同意書類や
点滴など...

ただ、もお陣痛が高まっている私は何も出来ず
旦那くんが進めてくれていた。

意識がうつろで
半目な私は、心の中でありがとうと呟きました。

あれよあれよといううちに

手術室へ。

「いよいよ、赤ちゃんと対面!」

もお一踏ん張り!!

麻酔が効いてくると
眠くなってきた。

寝ちゃったら赤ちゃんとすぐ対面できないじゃん...

寝ちゃダメーー
そんな葛藤をしていたのを覚えている。

先生が大きな声で
「赤ちゃん出まーす」
と言ってくれた。

大丈夫かな、元気かな、お産時間掛けちゃったから無事かな...

すると、
フェーーンという泣き声が聞こえてきた。
テレビとかで見る「オギャー!」とはちょっと違って、ほっんとうに今初めて声を出したって感じの可愛い声。

あ、良かった元気!!!


泣き声を聞いて、安心してか

ふわっと涙が出た。

看護師さんが抱いて
私の前まで赤ちゃんを見せに来てくれた。

...帝王切開のお産は
すぐに赤ちゃんを抱けない...

わぁー)
かわいい~


「はじめまして」

一瞬の対面をして
すぐに検査のために
行ってしまった。

手術台のうえで
赤ちゃんの顔を思い浮かべて
可愛かったなぁと
しみじみ。

母、スタートするんだなぁ~
しみじみ。

手術室を出ると、旦那くんと実母が迎えてくれた。

「お疲れ様」

その言葉にまた何故か
涙が出た。

1509967444242


世の中にいらっしゃい。

私達の元に無事に来てくれてありがとう。
私達を親にしてくれてありがとう。


2017.11.6
午後 5:38

3414g    52㎝  ♂男の子


読んでくれてありがとう
IKUMI 


午前2時、病院に到着。


まずは、陣痛室に入り
色々とセット。

ipad やアロマポット、私の空間づくりと

運命の時のための
カメラ。


診察をして、子宮口の開きと
赤ちゃんの位置を見てもらう。

「子宮口4㎝くらいで、赤ちゃんはぼちぼち」

あ、はい...

いまいち、理解出来ず。

通常、子宮口が全開10㎝で分娩になる。
そうなると お腹の中で出口の扉を目指して赤ちゃんが下がって移動してくる。


どんどんと、陣痛の痛みが増してくる。

どこがどんな風に痛いのか
良く分からない...

気づくと、陣痛室に朝陽が入っている。

陣痛は、5分から10分に1度
痛みがやってくる。
私は痛みの無い間に
寝落ちしては、
陣痛で起きる
というのを繰り返していた。

「朝ごはん食べますか?」
助産師さんに訪ねられたけど...
「あ、無理です...」

食事をとる気力は無いけど
これからの事を考えると栄養は必要!

持ってきたウィダーインゼリーを
2個飲み


......

はっと起きると

また
「食事どうしますか?」

えっ? さっき断ったのに...
あれ? もぉお昼??

旦那くんが
先生と話している。

どうやら、
朝ごはんの時間から今まで
私の陣痛は弱まっていて

寝ていたらしい。


旦那くんの話によると

病院に来てから朝までは順調だったけれど
この午前中、陣痛が弱まって
子宮口も赤ちゃんも分娩に向かって
進んでいないとの事。

このままだと帝王切開だって...

えぇぇーーーーっ。

安産のイメトレばっちりだから
頑張りたいの!

思ってもみなかった帝王切開という言葉を耳にして

一気に不安になった...

続く

読んでくれてありがとう

IKUMI 

予定日は11月2日。

周りからも、初産は遅れるからね~と
言われる事が多かったので

3日...4日...5日... と過ぎても
いつかなぁ、でも遅れるって言うし...


ベイビーが誕生したいタイミングで陣痛って来るんだろうなって。

5日の夕食、あれ?
なんかお腹痛いかも

これが、前駆陣痛?

それとも、これ陣痛?

いやぁ、でもこんなに
易しいはずないか...

一応、病院から指示されているから
お腹の痛みの間隔を計ってみる。

20分おきに、やって来てる模様。

10分おきになったら、入院の準備をして
病院に向かう事になっている。

ん~でも、まだこれが陣痛なのか
分からない......


「この痛みが陣痛で、この感じが10倍になったとしても私は冷静でいられるかも 」

...やがて来る、陣痛のピークを知らない私は旦那くんに
余裕の発言をするのであった。


それから、3時間くらい
陣痛なのか、違うのか
分からないまま過ぎて

結局、消灯


...
ベッドに入って数時間

「パチン」って
音がした気がして、ハッっと起きると
破水でした。


焦って、旦那くんを起こす。

入院支度をして

みんなから貰った
愛のこもった安産守りをにぎりしめて

病院に向かう

すごく、すごーく

不安な気持ちと

高ぶる興奮...

不思議な感覚。


[画像:66d362a6-s.jpg]

こんな時でも

旦那くんは、職業柄なのか
冷静。

「大丈夫だよ、いっぱいイメトレしたし
お守りも沢山あるし」

少し、ひょうひょうとしててくれるのが
有り難いのでした。

午前2時。

病院へ到着。


いざっ!!!


お腹を擦るのが、くせになったのは
5ヶ月くらいを迎えた頃。
[画像:353c3b17-s.jpg]


妊婦体型と上手くつきあえる様になったのは
8ヶ月頃。[画像:36b84649-s.jpg]


臨月を迎えると10ヶ月、一緒に過ごしてきた
お腹とお腹の中の赤ちゃんと一体の生活も
そろそろ終わりなのかと思うと
少し寂しく感じる、不思議な感覚。

もちろん、どんな顔してるのかな
どんな声で泣くのかなって
早く会いたい気持ちも倍増しているのだけど。

家から病院までは車で5分。
何か起きたら、車でゴー
ということで

予定日が近づいてからは
旦那くん禁酒をしていてくれました。
当たり前と思うかもしれないけれど
私の知る限りでは、軽く中毒なのでww
ありがたい選択。

いつでも、良いよ
お腹に話し掛ける。

そうは言っても、慣れた事では無いし
陣痛がどんなものなのかも知らないし
聞く話は、ぶっ飛んだストーリーばかり。

いつ来るんだろ、どんな感じで来るんだろ。

ちょっと怖い。
さすがに不安。

毎夜
ついついネットサーフィン。

もちろん
テーマは
「安産」
「陣痛」
......... 沢山の情報を得られる 便利な一方

あぁ~この情報見なきゃ良かったぁー...

みたいな後悔をすることも。

そんな中で、私が実践しようと思ったイメージがこんな感じ。

「赤ちゃんが産道を通って外に出るのをイメージ」

「赤ちゃんと呼吸を合わせて二人でがんばる」

「痛いって言わない、世に出ようとしている赤ちゃんをひたすら応援する」

確かに~
それまで、出産で痛いのは産み母、といったイメージだったけれど...

赤ちゃんにとっても、命懸けで
この世に誕生しようと産道を必死に
くぐってくる。

お腹の中で、ぷかぷか浮いていた所から
真っ暗闇の中に
どーんと放り出させて

誕生の為に
産道をくぐるため
頑張るんだ。

「赤ちゃん、がんばってるから私も

一緒に頑張るんだ

と、安産イメージ
赤ちゃんと私、その時間を大切にしよう って
イメージを絵に書く。

アーティストMINMIが 
やってたイメージの方法。

私も

そんな中、旦那くんがポツリ。

「俺も居るから...」


あ、そうだった

立ち会い出産を希望してくれたので

二人の時間ーーー改め

三人の奇跡の時間を大切にしようね。


「痛くない陣痛」
「辛くない出産」

呼吸法や陣痛室の過ごし方
いろんな情報があったけれど

「出産は、三人で頑張るんだ

それが私の出産 安産イメージ。


読んでくれてありがとうIKUMI 

11月6日 午後5:38

3400グラム

52㎝ 元気な男の子です 


[画像:36a73094-s.jpg]

[画像:5222ef42-s.jpg]

産まれて、最初の泣き声が聞こえた時

何を思ったのかも
何が見えていたのかも

覚えていませんが

ただ、
ただ、涙が出ました。





数日経って、落ち着いて...

ベイビーの寝顔や
泣き顔を見てーーー

今、心から思うのは

元気に、無事に産まれてきてくれて
ありがとう。

私達の元に、来てくれてありがとうという事。




安産を祈ってくれた皆さん

ありがとう

母子ともに健康です

[画像:a7758af3-s.jpg]

母、宮崎郁美スタートします


読んでくれてありがとう  IKUMI 



↑このページのトップヘ