午前2時、病院に到着。


まずは、陣痛室に入り
色々とセット。

ipad やアロマポット、私の空間づくりと

運命の時のための
カメラ。


診察をして、子宮口の開きと
赤ちゃんの位置を見てもらう。

「子宮口4㎝くらいで、赤ちゃんはぼちぼち」

あ、はい...

いまいち、理解出来ず。

通常、子宮口が全開10㎝で分娩になる。
そうなると お腹の中で出口の扉を目指して赤ちゃんが下がって移動してくる。


どんどんと、陣痛の痛みが増してくる。

どこがどんな風に痛いのか
良く分からない...

気づくと、陣痛室に朝陽が入っている。

陣痛は、5分から10分に1度
痛みがやってくる。
私は痛みの無い間に
寝落ちしては、
陣痛で起きる
というのを繰り返していた。

「朝ごはん食べますか?」
助産師さんに訪ねられたけど...
「あ、無理です...」

食事をとる気力は無いけど
これからの事を考えると栄養は必要!

持ってきたウィダーインゼリーを
2個飲み


......

はっと起きると

また
「食事どうしますか?」

えっ? さっき断ったのに...
あれ? もぉお昼??

旦那くんが
先生と話している。

どうやら、
朝ごはんの時間から今まで
私の陣痛は弱まっていて

寝ていたらしい。


旦那くんの話によると

病院に来てから朝までは順調だったけれど
この午前中、陣痛が弱まって
子宮口も赤ちゃんも分娩に向かって
進んでいないとの事。

このままだと帝王切開だって...

えぇぇーーーーっ。

安産のイメトレばっちりだから
頑張りたいの!

思ってもみなかった帝王切開という言葉を耳にして

一気に不安になった...

続く

読んでくれてありがとう

IKUMI