2017年12月

5
年の瀬に、今年の自分漢字を思い浮かべる。

書道が趣味なので
何か
書きたいっていうのもあって。

今年はやっぱり

「結」かな。

ーむすびー
KIMG3776


結婚、出産。

結婚という両家の家族の結び付き。
お父さんお母さんが増えました。
義兄弟が増えました。

何かと、倍になって
にぎやか。


そして
新しい命を結んでもらい

私達、家族は三人になりました。

幸せな結びです。


プライベートでも
仕事でも...

環境が変わる事で
迷惑を掛けてしまう事も多々あったし

妊娠、出産と初めての事で
普段通りには過ごせない
体と心。

そんな中、支えてくれた人達との
結び付きに
感謝の思いでいっぱい。


そして...

プロスノーボーダーとして
宮崎郁美の変化を
受け入れてくれて、復帰を望んでくれたり
今後の活動が楽しみだよって

応援してくださる皆さんとの
結び付き。

その言葉がモチベーションで
ちょっぴり
辛かった妊娠中のトレーニングも

産後の地味なトレーニングも
頑張れています。

だから、変わらぬ姿と
ライディングスキルで雪の上に戻りますよ。

沢山のありがとうを
結んでくれる
人と環境。

今まで
忙しさの中で
気づけなかった結びもある。

正直、すごく有り難いことなのに
当たり前に感じていた事もある。

結婚と出産は
180度違った時間の中で

大切な事を

思い出させてくれて
向き合わせてくれた。


2017年にありがとう

KIMG3780

皆様、良いお年を迎えてくださいね。
HAPPYな1年の幕開けとなりますように

今年も心筆ーココフデーに
おつきあい頂いてありがとうございました。
読んでくれてありがとう
IKUMI 

5
みなさん、良いクリスマスを過ごせましたか?

仏教の私ですが
子供の頃から 
クリスマス好き

ツリーなどのデコレーションの彩りや
サンタコスチューム

クリスマスの雰囲気が好き

そうは言っても
生まれ育った地域柄
中学生まではスキー部で
お休みなーし

スノーボード始めてからは
お仕事していたので

ゆっくり過ごすということは
中々無かったですね。


そんな私にとって、今年は
新しい家族と家でゆっくり過ごす
初めてのクリスマス。

環境が変わると行事の過ごし方も変わるんだなぁ~

実家で、いくみ少女が愛用していた
クリスマスツリーを見つけたので
持ってきて、飾り付け。

懐かしいなぁ~


子供の頃、すごく大きく見えていたツリーは
お手頃サイズでした。

このツリーに飾り付けをするのに
一時間くらい掛けてた気がします。

冬は、うちも繁忙期で忙しかったはずなのに
忙しいから早く飾って!とか
言われることもなく
飾り付けを楽しませてもらってたんだなって。

親になって、そういう所

思い返して感謝だなって
しみじみ。

IMG_20171224_144813_791
IMG_20171224_144813_802
「俺、初めてやるー」と言いながら

ケンタ楽しそうー

お部屋をデコレーションして
ご飯作って

ファミリークリスマス


KIMG3708KIMG3706KIMG3709

何時間も掛けて、ローストチキン作ったり

ドーナツにデコレーションしたり

楽しいものです。

その瞬間、瞬間に与えてもらった時間を
楽しんで

幸せに感謝して...

過ごしていきたいですね。

IMG_20171226_071605_189

サンタの格好をさせられた僕にも
サンタさん来てくれたよ

ってなユヅムでした。

読んでくれてありがとう

IKUMI 

このまま、進まなかったら帝王切開になると
告げられてから四時間。

「これが陣痛かぁ~」

という痛みが強くなっているにも関わらず分娩には進まず...m(__)m

「急にママのお腹の中が良くなっちゃったのかな?」

「やっぱり、まだお腹が良いよ~って
感じかな~」

助産師さんたちは、ほがらかに
話し掛けてくれるけど
返す余裕は無し。

赤ちゃんに訊ねる。

「ベイビー?お腹が良くなったのかな?ママ頑張るから、出ておいでよ~」

.........

こればっかりは、先生にも助産師さんにも
理由が分からないらしい。

お腹をさすって、頑張ろう~と声を掛け続ける。

......

気づけば、また3時間が経っていた。

ついに、先生が「緊急帝王切開にしましょう」と告げてきた。

これまで頑張ったのにな、少し残念。
でも赤ちゃんの安全が第1((。>д<)
それを察してか助産師さんが声を掛けてくれた。
「帝王切開も立派なお産ですよ、最後まで赤ちゃんと頑張ってくださいね」

何かに救われた気持ちになった。
一気に帝王切開の準備が始まる。

手術の同意書類や
点滴など...

ただ、もお陣痛が高まっている私は何も出来ず
旦那くんが進めてくれていた。

意識がうつろで
半目な私は、心の中でありがとうと呟きました。

あれよあれよといううちに

手術室へ。

「いよいよ、赤ちゃんと対面!」

もお一踏ん張り!!

麻酔が効いてくると
眠くなってきた。

寝ちゃったら赤ちゃんとすぐ対面できないじゃん...

寝ちゃダメーー
そんな葛藤をしていたのを覚えている。

先生が大きな声で
「赤ちゃん出まーす」
と言ってくれた。

大丈夫かな、元気かな、お産時間掛けちゃったから無事かな...

すると、
フェーーンという泣き声が聞こえてきた。
テレビとかで見る「オギャー!」とはちょっと違って、ほっんとうに今初めて声を出したって感じの可愛い声。

あ、良かった元気!!!


泣き声を聞いて、安心してか

ふわっと涙が出た。

看護師さんが抱いて
私の前まで赤ちゃんを見せに来てくれた。

...帝王切開のお産は
すぐに赤ちゃんを抱けない...

わぁー)
かわいい~


「はじめまして」

一瞬の対面をして
すぐに検査のために
行ってしまった。

手術台のうえで
赤ちゃんの顔を思い浮かべて
可愛かったなぁと
しみじみ。

母、スタートするんだなぁ~
しみじみ。

手術室を出ると、旦那くんと実母が迎えてくれた。

「お疲れ様」

その言葉にまた何故か
涙が出た。

1509967444242


世の中にいらっしゃい。

私達の元に無事に来てくれてありがとう。
私達を親にしてくれてありがとう。


2017.11.6
午後 5:38

3414g    52㎝  ♂男の子


読んでくれてありがとう
IKUMI 


午前2時、病院に到着。


まずは、陣痛室に入り
色々とセット。

ipad やアロマポット、私の空間づくりと

運命の時のための
カメラ。


診察をして、子宮口の開きと
赤ちゃんの位置を見てもらう。

「子宮口4㎝くらいで、赤ちゃんはぼちぼち」

あ、はい...

いまいち、理解出来ず。

通常、子宮口が全開10㎝で分娩になる。
そうなると お腹の中で出口の扉を目指して赤ちゃんが下がって移動してくる。


どんどんと、陣痛の痛みが増してくる。

どこがどんな風に痛いのか
良く分からない...

気づくと、陣痛室に朝陽が入っている。

陣痛は、5分から10分に1度
痛みがやってくる。
私は痛みの無い間に
寝落ちしては、
陣痛で起きる
というのを繰り返していた。

「朝ごはん食べますか?」
助産師さんに訪ねられたけど...
「あ、無理です...」

食事をとる気力は無いけど
これからの事を考えると栄養は必要!

持ってきたウィダーインゼリーを
2個飲み


......

はっと起きると

また
「食事どうしますか?」

えっ? さっき断ったのに...
あれ? もぉお昼??

旦那くんが
先生と話している。

どうやら、
朝ごはんの時間から今まで
私の陣痛は弱まっていて

寝ていたらしい。


旦那くんの話によると

病院に来てから朝までは順調だったけれど
この午前中、陣痛が弱まって
子宮口も赤ちゃんも分娩に向かって
進んでいないとの事。

このままだと帝王切開だって...

えぇぇーーーーっ。

安産のイメトレばっちりだから
頑張りたいの!

思ってもみなかった帝王切開という言葉を耳にして

一気に不安になった...

続く

読んでくれてありがとう

IKUMI 

↑このページのトップヘ